読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味男のセルフ観察日記

個人的に書いている日記の公開です。コンテンツ性はないですよん。あしからず。

日々の記録 その3

2017/01/28

さて、日記を書きはじめるとするか。

現在は午前六時四十八分。順調に、朝の習慣をやり終えたところだ。あまりに、順調すぎたので、もしかして、なにかやりのこしがあるのではないか?とちょっぴり不安だ。

ここ最近毎朝のタスクにしていることは、ざっと、

・歯磨き

・高校英語の勉強

・高校現代文の勉強

・高校数学の勉強

・バッキンコツ&站椿

・眼のマッサージ

・古典の音読

・ゴフマンさんの『人間と放射線』を少しずつ読んでいくこと

・マインドセットの音読

・音声教材を聞くこと

・日記

だったりする。こう書き出してみると、結構あるんだなあ、とちょっとびっくりする。

 

英語では、音読や英文解釈は、ちょっと文章の難易度が上がって理解がいい加減になりつつある。現在の問題集が終わったら、以前周回していた、より見易い問題集にもう一度取り組み、地力をつけようと思う。英文法は、SVOCの第五文型について再度学習した。不定詞、分詞を読みとる力が上がった。SVOCのOとCの関係とは「OがCする」か「OがCである」であり、第一文型SVや第二文型SVCと変わらないんだな、と理解できた。

 

現代文は、内山節さんの文章だった。内山さんは、上野村という郷里に実際に暮らしている、共同体を大事にする在野の哲学者だ(実はあまり詳しくは知らないので的外れな説明かもしれない…)。

俺自身、現在は都会で独り暮らしをする、共同体から遊離した存在なので、内山さんの文章を読むといつも、自分がこれまで大切にしてこなかったら、人と人との繋がりが、いかに大切だったかを理解する。少しずつ、人とのつながりを見つけ直していこう。

 

数学は、赤チャートで数列。やや理解が理解が追いついていないので、パッパッパと読んでいった。二周三周四周五周六周七周……と読み直していけば、やがて、理解が深まるだろう。現在は、一周目(学生の頃は、碌に参考書を読まなかったからね。チャート式を読みとおすのは、正真正銘一回目なのだ)。

 

えっと、勉強の次はなにをしたんだっけ?

あ、そうそう(と日記冒頭を読み返す)。

 

バッキンコツ&站椿は、いい感じ。背中の痛みも、ほとんど感じなくなってきた。やはり、バッキンコツを丁寧に行ってきた成果だろう。柔軟体操にも、テクニックがあるのだな、と感じいる。丁寧に行えば、丁寧に行っただけリターンが返ってくるのだ。ただ、体を伸ばせばいいというものじゃない。

 

現在、音読している古典は、『古事記』正直、三割くらいしか内容は解らないのだが、音が面白い。ネーミングセンスがいい。火袁理命(ほをりのみこと)とか、虚空津日高(そらつひこ)とか。あと、下田と書いて、くぼたとルビがふられていた。現在の久保田や窪田といった苗字と下田という語には繋がりがあるのだろうか?

 

ゴフマンさんの『人間と放射線』も数学と同じく。少しわからなくなってきた。一年かけて理解するつもりで、のんびり、繰り返し繰り返し読んでいこう。

 

 

さて、実は、日記を書きだす直前、無性にむらむらしており、日記を書き終わったら、布団の中でごそごそだな、と思っていのだが、なにやら、むらむら感が沈着してしまった。この頃、性欲が足りないなあ、と思う。さて、ニンニク入りスクランブルエッグでも作るか。