趣味男のセルフ観察日記

個人的に書いている日記の公開です。コンテンツ性はないですよん。あしからず。

日記 その15

2017/02/09

さて、日記を書こう。

 

今朝も3:30起床。目覚まし時計とほぼ同期して目覚めたようで、わりとすんなり起きることができた。ただし、日記を書きはじめた現在(6:15)ちょっと眠い

 

起きてすぐ、歯磨きと水分補給をおこなう。以前読んだ本によると、起きて直ぐは咥内に雑菌が繁殖しまくっているため、歯磨き洗浄後の水分補給がいいそうだ。じゃないと、雑菌まで呑み込んでしまう。で、その後トイレ。洗顔。いつもは、わりと面倒くさがる朝の作法なのだが、今日は、ちょっと気持ちを改め、丁寧にゆっくりと行ってみる。却って焦る心なくパッパッパととりおこなえたことが新鮮だった。明日からも、丁寧さをこころがけうよう。

 

その後、折坂悠太さんの「道」をユーチューブで見る。新しいアルバム曲のMVが再生数を伸ばしていることが、人ごとなのになぜかうれしい。全てのMVを見たわけではないが、「道」とあの妖精が出てくる奴が好きだ(と書いてみて気づいたが、そもそも、その二本しか見ていない。ようは全部好きってことなのかも)。

 

その後、上杉晋作さんのチェスビデオを見返す。グーグルの拡張機能を使って四倍速。最近、動画を見ていても、「掴む」感じや「腑に落ちる」感じが得られない。チェスに対する意欲が落ちているのかなあ。まだまだ、上杉さんの動画から学ぶことはある気がするんだけれど。

 

その後、太極拳の準備運動に当たる抜筋骨(ばっきんこつ)と站椿(たんとう)をおこなう。今日の站椿は、十分間ほど。今後の修練の仕方として、仕事がある日は、站椿十分。仕事がない日は站椿二十分でやろう。ちなみに昨日の夕方再び抜筋骨(辞書登録した。一発変換気持ちいい)と站椿をやったのだが、站椿十五分くらいで根を上げた。集中力の問題。

 

その後、山口俊治さんの『山口俊治 英文法 講義の実況中継①』を読む。昨日読んだ分の復習と第十回受動態(2)の音読である。講義の流れと関係なくても、出てきた単語はその場でカウントしてなにも見ないで暗誦できるようにした。勿論、この場で覚えても、せいぜい明日まで覚えているだけで、一週間後くらいには記憶は薄らいでいくのであろう。が、暗記をちょくちょくはさんで読んでいく方が心と頭に染み込む気がするのだ。音読の後半、例題の英文も暗誦できるようにしてみてはと思って試してみると、あんがいすらすら覚えられた。明日から、英文の暗誦も試していこう。

 

その後、学習後特有の頭の固さを感じたので、寝転がってバガボンド24巻を読む。実は、バガボンドにおいて、吉岡清十郎との試合より吉岡伝七郎との試合の方にページ数を割いていることに、改めて驚きを感じた。ぬったりとした感じがする。

 

その後、日栄社の『30完成 現代文』の三十日目森本哲郎さん「ぼくの哲学日記」を復習する。昨日解いていた個所だ。昨日は、全問正解したと思っていたのだが、改めて検討してみると最後の記述問題が不十分だった。要は、外国語の抽象概念を頼っていたから、日本では哲学が難解なものになったという話なのに、日本語から抽象概念を作る力が失われたから日本では哲学が難解なものになったという説明をしていた。ちょっと繋がらない。何事かを説明する際は、流れを意識することだ。

 

その後、頭を柔らかくするために、バガボンド24巻の続きを読む。

 

その後、赤チャートで演習を五題分読む。数学的帰納法である。条件を見落として、???となる瞬間があった。瞬間というか、数分間立ち止まったっぽい。が、全体として、なあるほど、と思えた。ただ、数学的帰納法と数列(数列の章の末尾に数学的帰納法があるのだ)の繋がりが見てとれなかった。ただ、数学的帰納法単体でなら、ついついじずらを追うだけになりそうになるものの、理を掴むようにして読んだら、わりと腑に落ちた。

 

その後、トイレ、炊飯などの家事をおこなう。

 

その後昨日に引き続き、岩波版「ツァラトゥストラ」を読む。ツァラトゥストラ(この名前も辞書登録したいなあ。ツ、と書いただけで一発で出るようにしよかな)の最初の説教は前半はなんとなくわかるも、後半???。

 

で、先ほどから日記を書いている。

 

さて、こんな個人的な日記に最後まで目を通していただき(そんな人がいるのか?)どうもでした。お互い幸せものです。