趣味男のセルフ観察日記

個人的に書いている日記の公開です。コンテンツ性はないですよん。あしからず。

日記 その18

2017/02/12

 

現在6:30.日記を書く。

 

昨夜8:30頃に床に就いたためか、今朝はいつもより三十分早い3:00頃に目が覚める。エアコンの暖房のみつけ、三十分ほど床の中でうつらうつらしたのち、3:30起床。やはり休日ということもあり、「もう三十分寝過ごしてもいいのでは?」と思うも、即座に、心に諭吉先生が立ち現れる。諭吉先生に出てこられては眠ってなどいられない。

 

起床後、パソコンの電源をつけ、歯磨き、洗顔を澄ます。茶を一杯飲む。何茶だったか忘れたが苦味のあるいいお茶だ。冷めてたけど。

 

今日の音楽は、小沢健二さんの「今夜はブギー・バック」のライブ音源。飽きと感興を繰り返し感じる。途中で、自分の中でノリが悪くなる瞬間がたびたびあるのに、特定のメロディで、また、ノリノリになる。波の満ち引きに巻き込まれていくような、不思議な感じだった。

 

その後、上杉さんのチェス動画を視聴。四倍速。ポーンの前進について学ぶ。

 

その後、抜筋骨&站椿。昨日が道場での稽古日だった。体が硬くなっているのか、やや下半身に疲労感が残っている状態での朝の自主練であった。この頃、腕の軌道や腰のひねりが極端な気がする。今朝は、その辺を少し意識して行った。結果、流れを止めるところもあった。站椿は休日なので20分。現在も、足がピリピリしてくるが、昨日に比べて、がんばっている感じ少なく行えた。抜筋骨&站椿中は、丸激トークオンデマンドの最新音声を聞き流す。

 

その後、山口俊治さんの英文法講義で英文法学習。昨日分の復習では、例文はそこそこ覚えていたが、肝心の理屈の部分が抜けているところもあった。次回からは、文法上の理屈もコンパクトにまとめて記憶にとどめて行こうと思う。今回はmay wellを例に、熟語の理解の仕方覚え方の授業だった。例文の暗記は短文が多くスムーズ。コツを掴んできた。文章をまるまる覚えるのではなく、二つ三つのパートに分割して覚え、アウトプットする際は、ブロック遊びのようにつなぎ合わせてやるとよい(かも)。(こうして文章化したマニュアルと実際にやっているやり方に差異を感じるな。)

 

その後、日栄社の薄型問題集で現代文。一やった文章の復習。復習時は、ゆっくり音読をしているのだが、今日の音読は、しっかり意味をのみこめる言い音読だった。コツが少しわかった。

 

その後は、バガボンド27巻を読む。吉岡70人切りのところ。このエピソードは、よんでいて、(理由はわからないのだが)辛い。言葉上手く思いつかないのだが、遊離している感じがする。いや、「遊」ではないな。とにかく、離れている感じがする。何から?

 

その後、赤チャート読書。ちょっと手を抜いたかな。この頃、数学への意欲がやや減。とりあえず、決めた分量を読みとおしていったらオッケーと思っている。が、確率への理解は深まった。

 

その後、飯を炊く。

 

その後、ツァラトゥストラニーチェの攻撃性爆発。俺が、普段以下に穏健すぎる生き方をしていたかを思い知る。が、俺のもう攻撃性を全開にしたら、却って力みこんじゃうんだよなあ。能力を発露したり、よりよく生きるための闘争ってどういうものなのだ?

 

その後、日記を書く。現在。

 

今日は、京都国立近代美術館に楽焼きを見に行く予定だ(二回目)。今日が最終日なので、混んでいそうだが、いい展示だったので、もう一度。