趣味男のセルフ観察日記

個人的に書いている日記の公開です。コンテンツ性はないですよん。あしからず。

日記 その47

2017/03/13 MON

 

心をわしづかみにされているようでしんどい。誰にわしづかみにされているかと言えば、俺自身二なのだが、心を書きむしっている状態?精神的な自縄自縛?そんな感じである。

自分には出来ない。自分はまるで理想へは近づけない。そういう気持ちが沸いているのだ。

 

いや、違うか。理想理想と言いながら、俺はただ人より抜きんでたいだけなのだよな…。で、同時に、他人を馬鹿にしておる。だが、同じ人間なので、心底からバカにできるクズなどあまりいない。そもそもそうしたクズばかりを見つめていても、俺自身がクズどもに引きずられるように劣化し、結果苦しくなることに変わりはない。

 

なぜ、俺は失敗を許せないんだろうか?許せない、というわけでもないんだろうなあ。直視できていないだけかな。

 

土曜日、太極拳でうまく体が動かなかったこと。

 

日曜日、チェスで三連敗したこと。

 

今朝、タクティクスで2勝3敗と負け越したこと。

 

今朝、気持ちが苦しくなり站椿をさぼったこと。

 

進歩がないわけじゃ、ないんだよな。太極拳だって、力の抜き方や、体を動かす軌道が少しわかってきている。勿論、解らないこともある。正確には、ある分野に対してわかろうとしないと言う気持ちがあることを知っている。護身術や推手だ。推手に関しては、腰を切るよう指導されても、ついつい忘れてしまう。護身術は、先生の動きを見ているようでいて、ぜんぜん観察できていない。

站椿は、日々おこなうことで、少しずつ気が出ていることを実感できるようになってきた。

たとえば、護身術の動きを、今こうして頭の中だけで再現してみるだけで、どういうふうに動けばいいのかが、ほんの少し解った気がする。解った気がするだけかもしれない。

今、一人でシャドー護身術をしてみた。少し安心した。

 

いつにもまして取りとめのない記録だな。日記というか記録だな。ブログに載せる意味ってあるのかな。正直ないやろなあ。

 

そういえば、今朝も、ボイスレコーダー片手に英文法書を音読していた。あとあと聞き返してみて思うことは、さ行が発音しきれていないことと、心がしんどいと喉から絞り出すような声になると言うこと。解りやすく、できているんだな。俺。